読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

庶民派旅行・遠征日記

庶民が綴る旅行・ライブ遠征・よもやま話。

宇都宮〜那須塩原ローカル線の旅

社会人になり、自分のお小遣いで旅に出る楽しさを知り始めたヒヨッコ大人です。


あくまで個人的なブログですがインターネットは電子の海。パブリックとプライベートを区切る家のドアがある訳でもなく鍵もないので、せめて最低限、人様に見られることを考えた文章を書こうと思います。

庶民だけどたまには贅沢したい!ライブも行きたい!そういうブログであります。


とりあえずテストついでに母と行った那須の旅行記。


都内某所から宇都宮線に乗り、終点宇都宮駅までグリーン車自由席で。乗ったのは夏の鎌倉以来2度目だけど実に素敵!ただの在来線鈍行が一気に旅気分!お手洗い付きなのもポイント高いですね。事前購入980円(平日50km以上乗車の場合)でこの快適さが手に入るのだからとてもお得。


まずは終点宇都宮駅で下車。餃子食べたすぎて張り切る2人。観光案内所のお姉さんに餃子ミュージアムの存在を教えてもらう。

ゆっくり徒歩で直線15分くらい?ドンキの地下に広がるそこは…シャングリラ!10店舗くらいの餃子が1皿ずつ一度に食べられるのだ!まさに庶民の味方!

私は味噌風味の餃子がお気に入りでした。もうすっかりお店の名前を失念してしまった…思い出す為にもまた行きたいです。


七五三の子どもらが遊ぶ二荒山神社のベンチで食後の休憩をしてから再度電車移動。宇都宮〜那須塩原は鈍行で45分くらい。どんどん山しかなくなる景色を見ているのが楽しかった。


那須塩原駅からは旅館の送迎で。山を登る道々に見える紅葉が、目の醒めるほどの美しさ!


今回の宿泊は那須 山楽。部屋は東側の二間続き。広い窓から見える夕日に照らされた紅葉と遠くに映る山々を、日が暮れるまで眺めていました。ゆっくりと時間が流れていったなあ。

わくわくしながら露天風呂へ。緑溢れる素敵な景色。ちゃんと空が見えてバリケードで隠されてもいなくて、露天風呂好きとして最高のお風呂でした。なんせ都内のスパは露天と言ってもほぼ屋内状態なので…(あれはあれで良いんだけどね)

お湯は湯気のせいか少し白濁に見えたけど成分表示は無色透明の記載だったと思います。なんとな〜くとろみがあるような…ないような…いわゆる癖のないお湯。


夕食も大変おいしゅうございました。部屋出しだったのですがお給仕してくださる仲居さんが明るい気さくな方で、楽しいひと時でした。


朝は少し早起きして山間から昇る朝日を眺めて、お茶を飲んで、朝風呂へ。あ〜これがまた。これ、これですよ。朝風呂さいこーー。

そんで部屋のお風呂がね、私庶民だから良くあるユニットバスだと思ってたんだけどね、なんとビューバスなの。窓大きいの。紅葉見えるの。そんですごい浴槽深いの。お湯ためて、朝日浴びながら足湯しました。朝風呂さいこーー。 


朝から指の皮をふやけさせつつ名残惜しくもチェックアウトの時間に。私たちの山楽ステイは終わったのでした。